西田幾多郎

「西田幾多郎」についてのメモ。西田幾多郎とは…
HOME > 西田幾多郎

にしだきたろう

西田幾多郎 †

1870-1945
哲学者。石川県生まれ。京大教授。

西洋哲学の伝統と対決しつつ、禅などの東洋思想を統合、これを「場所」「絶対無」「絶対矛盾的自己同一」などの理論で表現する宗教的色彩の強い思弁哲学を説いた。近代日本独自の哲学として大正・昭和期の思想に深い影響を与えた。

東洋思想の絶対無を根底に置き、それを理論化して西洋哲学と融合する西田哲学を樹立した。

  • 文化勲章受章。
  • 著「善の研究」「芸術と道徳」「哲学の根本問題」「思索と体験」「場所的論理と宗教的世界観」など。

西田幾多郎(にしだきたろう)(1870―1945)哲学者。石川県金沢市近傍の宇ノ気村に生まれる。号は寸心。明治維新後、欧米の学問、芸術が入り、新日本の文化万般がその様式において根本的な変革と前進を始めた時期、欧米の現代哲学を紹介するのみならず、その優れたものを自家薬籠{やくろう}中のものとし、これを日本精神史、わけても武家時代以後、日本民族の精神的、宗教的生活の中核をなしてきた仏教(別して禅)と儒教の精髄を統合して独自の哲学を創建した最初の代表的哲学者である。ときどき発表した論文を集めて一冊の著書としたのが『善の研究』(1911)である。これは明治維新以来の欧風化を進める近代日本にとって、最初の独創的な哲学書とみるのが通説のようである。 学制定まらず変革激しい明治初期であるが、初中校を経、のちに金沢の第四高等学校となる高等中学を経(目を病み中途退学する)、東京帝国大学文科大学哲学選科にて学ぶ。卒業後、金沢四高教授、学習院教授等を経、1910年(明治43)京都帝国大学文科大学助教授となる。哲学、倫理学、さらに宗教哲学も講ずる。1913年(大正2)文学博士。翌年より『自覚に於{お}ける直観と反省』なる論文を京大哲学科の機関誌『芸文』に、のちに新設の機関誌『哲学研究』に続いて発表、回を重ねること前後44回、5年にわたる。まもなく岩波書店より同名の標題の著書として出版される。『善の研究』と並び、この二書は大正年代の哲学青年・学徒に与えた影響すこぶる大であった。特別結論とか新学説とか銘打たれるようなものを産出した著述ではなく、とくに『自覚に於ける直観と反省』は、著者自身「此{この}書は余の思索に於ける悪戦苦闘のドッキュメントである。幾多の紆余{うよ}曲折の後、余は遂{つい}に何等の新しい思想も解決も得なかったと言はなければならない。刀折れ矢竭{つ}きて降を神秘の軍門に請ふたという譏{そしり}を免{まぬがれ}ないかも知れない」と序に述べている。 1940年(昭和15)文化勲章受章。






2007-03-10 (土) 21:44:05 (4453d)