青木昆陽

「青木昆陽」についてのメモ。青木昆陽とは…
HOME > 青木昆陽

あおきこんよう

青木昆陽 †

  • 1698-1769
    江戸中期の儒者・蘭学者。名は敦書(あつのり)、通称文蔵。江戸の人という。幕府書物奉行。伊藤東涯に師事。飢饉(ききん)対策として甘藷の栽培を勧め、「蕃藷考」を著す。また、将軍吉宗の命でオランダ文辞を学び、蘭学隆盛のもとをつくる。世に甘藷先生と称された。

江戸中期の蘭学者。江戸の人。初め伊藤東涯(いとうとうがい)に師事。甘藷(かんしよ)(サツマイモ)を救荒作物として普及に尽力し、甘藷先生とよばれた。

著「和蘭文字略考」「蕃薯考」など。






2007-03-10 (土) 21:44:07 (5593d)