石田梅岩

「石田梅岩」についてのメモ。石田梅岩とは…
HOME > 石田梅岩

石田梅岩 / 石田梅巌 †

  • 1685-1744

江戸中期の思想家。

名は興長。通称勘平。丹波の農家から出て、京都の商家に奉公しながら神・儒・仏の三教を学び、独特の哲学「心学」を編みだし、日常的な言葉と巧みな比喩によって町人に倫理・道徳を説いた。

石門(せきもん)心学の始祖。丹波の人。本名、興長。小栗了雲に師事。実践的倫理思想をわかりやすく説き、町人層に歓迎された。

著「都鄙(とひ)問答」「斉家論」など。






2007-03-10 (土) 21:44:11 (4579d)