選挙制度

「選挙制度」についてのメモ。選挙制度とは…
HOME > 選挙制度

選挙制度 †

選挙を実施し,選挙の諸目的を達成するための制度的装置・取決めの全体をいう。近代の選挙制度の原則は,選挙民個人に参加権として選挙権を与え,代表者は国民全体の代表として国家機関を構成することである。これは選挙の個人人格主義と呼ばれているが,このことから選挙制度の基本原則といわれる普通選挙,平等選挙,直接選挙,秘密選挙の4大原則が出てくる。こうした原則のうえに各国の選挙制度はできあがっているが,各国とも政治,社会,文化的条件の違いを背景に,また政治状況の変化を考慮して全国レベルの選挙制度を慎重に定めるようにしている。したがって,各国の選挙制度に含まれる要素は多様であるが,おもなものをあげると次のようになる。(1)有権者の地位,(2)選挙区の設定,(3)投票に関する取決め,(4)単純多数決・小選挙区制以外の制度が採用されている場合には,代表の基盤とその計算方法,(5)候補者となるための予備資格,(6)選挙過程そのものの施行に関する行政上の取決め(選挙運動に関する諸規則を含む),(7)選挙結果を受理するための取決め,および,結果をめぐって紛争が生じた場合,それを解決するための取決め。このなかで特に重要なのは,選挙区制と投票制度である。前者に関して諸国家の立法部選挙で採用されているのは,小選挙区単純多数決制を基盤とした直接選挙(2回投票制もこれに含まれる)か,ある種の比例代表制(名簿式比例代表制,大選挙区制)のいずれかである。どの制度をとるかによって政党制の秩序に影響を与えることになる。単純化していえば,小選挙区制は二大政党制への傾向を助長するし,比例代表制は多党制への傾向を助長することになる。選挙区は選挙施行上の便宜的な地域区分にすぎないものであるが,議員にとっては当落に重大な関係があるので,選挙区制の基本的変更や,選挙区の画定に際しては,いつでも激しい政争が起ることになる。

アメリカの選挙制度

連邦段階においての選挙公職は,正副大統領,上下両院議員である。具体的な選挙過程は各州の州法によって異なるが原則的には以下のとおりである。上院は,州の大小に関係なく各州から2名直接選挙で選出され,任期は6年,2年ごとに3分の1が改選される。下院は定員435名で,人口比によって各州に配分されている。どの州も各選挙区1名選出の小選挙区制をとっている。下院議員の任期は2年,直接選挙である。正副大統領については,州単位で選出された「選挙人」による間接選挙によって選挙される。各州の選挙人数は憲法の定めにより「その州から連邦議会に選出できる上院議員および下院議員の総数と同数」となっている。全国の選挙人数は,首都ワシントンの3名を加えて,538名である。憲法ならびに連邦法の規定によると,選挙の行われる年の「11月の第1月曜日の次の火曜日」に一般有権者はその州の選挙人を選ぶ投票を行い,ここで選ばれた大統領選挙人は「12月の第2水曜日の次の月曜日」にそれぞれ自分の州の首府に集って大統領候補者に投票し,明年1月6日の連邦議会で開票を行い,ここで選挙人の過半数を得た最高点者が次期大統領に当選することになっている。一般有権者が投票するとき,州の各政党は一群の選挙人候補を決定して有権者に示し,その一群の候補者は,当然自分の党の大統領候補を支持することが明らかなので形式は間接選挙であっても,内容は直接選挙と変りない

イギリスの選挙制度

下院の議員総定数は630,これを地域を基礎にした,定数1の小選挙区に配分している。1回目の投票で相対多数を得票した候補者が当選人となる。選挙区内の人口は10〜15年ごとに区画委員会Boundary Commissionsによって再調整されることになっているので,おおむね平均化されている。

フランスの選挙制度

第五共和制下の大総領は任期7年で,直接普通選挙によって選出される。第1回で当選するには有効投票の過半数以上を獲得する必要がある。絶対多数を獲得した候補者がない場合,1週間後に第1回投票の上位2名の候補者間で決選投票が行われる。国民議会の選挙は,小選挙区絶対多数2回投票制といわれる方法によって行われる。総定数は491(うち17が海外領土選出)であってこれを定数1の小選挙区に配分しているが,選挙区内の人口はなるべく均一になるように配慮されている。各選挙区で有効投票の過半数をこえる票(票数がその選挙区の有権者数の4分の1をこえていなければならない)を得た候補者を当選者とする。もしどの候補者も過半数に達していなければ,ある一定の得票数以上(10%以上)を獲得した候補者の間で1週間後に第2次投票を行い,相対多数の人を当選者とする

イタリアの選挙制度

下院の総議員数は630名で直接普通選挙で選出される。選挙制度の特徴は優先投票を認めた2段階式の比例代表制である。全国は32選挙区に分割され,各選挙区は人口8万人につき1議席を与えられるので,定数はだいたい4〜47名である。原則として選挙区は「地方」を単位としているが,大きい地方は分割されている。各党派はそれぞれの選挙区で候補者名簿を用意するがそれには,候補者の当選予定順序と政党のマークを明示することになっている。候補者は立候補する選挙区に居住している必要はなく,3つの選挙区のリストに同時に名前を記載することができる。さらに同時に実施する上院議員選挙の候補者となることもできる。2つ以上の選挙区で当選した場合は選出される選挙区を指定することができる。投票用紙は1枚で,中間部が空白になっており,周囲の丸印のなかに政党のマークが印刷されている。有権者は,各党のマークのどれかをチェックするだけでよいが,さらに政党の候補者リストのなかで特に当選させたい候補者があれば,その名前または候補者リストの番号(順位)を用紙の中央の空白部分に記入する(選挙区の定数が15以下の選挙区では3名まで,それをこえる選挙区では4名まで記入できる)。この制度が優先投票制であるが,これを利用するかどうかは,有権者の自由にまかされている(利用者は平均して全体の20%ぐらいである)。投票の結果は,各選挙区ごとに議席をドント式により各党派に配分する。残余議席と各党の剰余票は全国で一括し,最大剰余方式で追加配分する。なお上院の場合も下院の場合とよく似ている。






2007-03-10 (土) 21:44:25 (3879d)