租庸調

「租庸調」についてのメモ。租庸調とは…
HOME > 租庸調

租庸調 †

  1. 中国、隋・唐代の均田法下の税法。給田を受けた丁男(21〜59歳)に課したもので、租は粟(あわ)2石、庸は年20日(閏年は22日)の労役、または代納として1日当たり絹3尺、調は絹2丈と綿3両、または布2.5丈と麻3斤。8世紀後半、均田法の崩壊とともに両税法に移行した。
  2. 律令制で、唐制にならって行われた税制。

中国、隋唐時代、均田法による土地給付に応じ国家に納めさせた税目の総称。唐代では丁男に対し年ごとに、粟二石(租)、中央政府の力役二〇日またはその代納(庸)、絹二丈と綿三両(調)を課した。のち均田制崩壊に伴い両税法に移行。

[2] 日本で、唐制にならい班田収授法を背景に施行された租税体系。

  • 租庸調制
    • 均田農民に課された税制。租は地税、庸は年20日の労役、調は布帛などの納入。本籍地課税で「量入制出」(歳入に応じた歳出額の決定)が原則。

  • 律令制の税の一。口分田・位田・賜田・功田などの面積に対して課税され、収穫量の約 3%の割合で、稲で納めさせた。正税(しようぜい)と呼ばれて正倉に蓄積され、毎年出挙(すいこ)して利稲を国郡の費用にあてた。田租。

律令制における基本的物納課税の一。口分田・位田・功田などに課され、田一段につき稲二束二把(のち一束五把)を納めるもの。正倉に蓄積されて、毎年の出挙(すいこ)による利稲は地方各国の財源となった。


  • 律令制の租税の一。年一〇日の歳役(さいえき)の代納物(布が主、米・塩・綿など)。養老令では、正丁で布二丈六尺と規定。調とともに農民による運脚(うんきやく)が義務。中央では、仕丁・衛士などの食糧(大粮)や土木事業の経費などに使用。ちからしろ。

律令制における租税の一。養老令の規定では、正丁(せいてい)一人1年間に10日間の労役を提供するかわりに布2丈6尺を納める人頭税であった。布のほか、米や塩など地方の産物をあてることもあった。

  • 調
    • 律令制下の基本的物納租税の一。大化の改新では田の面積および戸単位に、大宝律令では人頭税として課せられ、諸国の産物(絹・綿・海産物など)を納めたもの。庸(よう)とともに都に運ばれ国家の財源となった。みつぎ。
      律令制の租税の一。大化の改新の際、田の調と戸ごとの調を定めたが、大宝令・養老令では唐制にならって男子のみに負担を限り、絹・(あしぎぬ)・糸・綿・鉄・魚介類など諸国の産物を中央に納めさせた。九〜一〇世紀に崩壊。みつぎ。





2007-03-10 (土) 21:44:30 (5015d)