蘇我氏

「蘇我氏」についてのメモ。蘇我氏とは…
HOME > 蘇我氏

蘇我氏 †

  • 古代の中央豪族の一。

祖は武内宿禰(たけのうちのすくね)というが未詳。
大和朝廷の重臣として、仏教など大陸文化の導入に貢献したが、大化元年(六四五)宗家は滅亡。

排仏派の物部氏と対立、587年物部守屋を滅ぼして政治の実権を握る。

  • 645年大化改新の際、蘇我蝦夷・蘇我入鹿の父子は中大兄皇子らに滅ぼされたが、傍系は石川朝臣としてとどまった。
  • 姓(かばね)は臣(おみ)。その称は大和国高市郡蘇我の地にちなむという。
  • 大和国高市郡蘇我が本拠地と推定される。





2007-03-10 (土) 21:44:31 (4733d)