荘園制

「荘園制」についてのメモ。荘園制とは…
HOME > 荘園制

荘園 庄園 しょうえん/そうえん

荘園 †

  1. 奈良時代から戦国時代にかけて存在した中央貴族や寺社による私的大土地所有の形態。また、その私有地。個人が開墾したり、他人からの寄進により大きくなった。鎌倉末期以後、武士に侵害されて衰え、応仁の乱および太閤検地で消滅。荘。
    • 寄進地系荘園
      • 開発領主が国司の収奪から逃れるため、その所有地を中央の権門勢家や寺社に寄進することによって成立した荘園。11世紀ごろから多くなり、寄進者はそのまま現地の支配権を認められ、寄進を受けた者は国から不輸・不入の特権を得た。
    • 自墾地系荘園/墾田地系荘園
      • 天平15年(743)の墾田永世私財法により、中央貴族や寺社などが、未墾地を自力で開墾して私有地とすることによって成立した荘園。
  2. 中世、ヨーロッパに一般的に現れた、封建的領主権の性格をもつ土地所有形態および領主支配の単位。領主直営地、および領主がある種の特権をもって賦役を課する農民保有地からなる。
  3. 中国で、貴族・寺院・武人・官僚・豪族などの大土地所有形態。唐代以降発達した。

荘園制 †

manor

  • 封建社会の基礎を構成する領主の土地所有・経営形態。領主は領主裁判権などの経済外強制に基づいて土地保有農民から地代を収取するが、地代形態に応じて荘園制には古典荘園制(賦役労働)と純粋荘園制(生産物,貨幣)が見られる。
  • 荘園領主の所領は通例分散構造をとる(1つの村に複数の荘園領主が存在)





2007-03-10 (土) 21:44:35 (4244d)