太閤検地

「太閤検地」についてのメモ。太閤検地とは…
HOME > 太閤検地

太閤検地 †

  • 1582年(天正10)以降、豊臣秀吉が全国的に行なった統一的な検地。

実際に土地の丈量調査を行い、従来貫高で示されていた田畑を石高(生産高)で示すように改めた。また、六尺三寸四方を一歩として三〇〇歩を一段とする段歩制を採用、耕地を上・中・下・下々の等級に分け、使用枡(ます)を京枡に統一、村ごとに検地帳を作って直接耕作農民の名を記し、耕作権を保証するとともに年貢負担者とするなど、従来の検地に比べて、規模・方法ともにまったく一新した画期的な事業となった。天正の石直し。

一歩を六尺三寸四方、三〇〇歩を一反、田畑の等級を上・中・下・下々の四段階と定め、枡(ます)を京枡に一定して石高を算定し、耕地一筆ごとに耕作者を検地帳に記載して年貢負担者を確定した。これによって荘園制下の所有関係が整理され、近世封建体制の基礎が確立された。天正の石直し。

太閤検地の意義 †

天正の石直しともいわれ、―地一作人の原則が確立し、兵農分離の基礎が定まった。
戦国時代には、上地の広さを銭納による年貢収納額であらわす貢高制が用いられていたが、太閤検地では、実際に土地を測定して面積を出し法定収穫量を算出するという石高制を原則に採用した。石高制は、領主が土地生産力を把握する必要から考え出されたもので、実際には米を作らない畑や屋敷も一律に米を生産するものと仮定して生産能力が決定された。

太閤検地は、名主層の中間搾取を排除したので、ここに荘園制は名実ともに崩壊し、石高制社会の実現で、武士も石高知行制へ移行した。






2007-03-10 (土) 21:44:45 (4244d)