太平天国の乱

「太平天国の乱」の個人的な勉強メモ。
HOME > 太平天国の乱

太平天国の乱 †

太平天国

太平天国 †

  • 中国清朝末期、洪秀全を指導者とする上帝会を中心に建てられた国。
  • 1851年、広西省桂平県金田村に挙兵し、新国家樹立を宣言。
  • 五三年には南京(ナンキン)を占領し、天京(てんけい)と改め首都とした。
  • キリスト教思想のもとに、清朝打倒・土地私有反対・経済的平等をうたったが、56年頃から内紛が激化し、1864年、曾国藩(そうこくはん)・李鴻章・ゴードンらの連合軍によって鎮圧された。
  • 弁髪を禁じたため長髪賊の乱ともいう

曾国藩らの郷勇や英人ゴードンの常勝軍などの攻撃をうけて64年滅んだ。

太平天国の乱

契機
洪秀全、上帝会を組織し、広西省で挙兵(咸豊帝の時代)
政策
「滅満興漢」をスローガンに政治経済上の平等主張(男女平等、天朝田畝制)
結果
郷勇、常勝軍の活躍で鎮定→曾国藩、李鴻章らの台頭で洋務運動推進
意義
近代中国の民族運動の先駆→辛亥革命に影響

反清朝の革命運動。1851年1月(道光30年12月)洪秀全が上帝会(拝上帝会とも)を率い広西省金田村で挙兵,国号を太平天国と称し,53(咸豊3)南京を占領,天下を二分した。封建的土地所有の廃止,民主的村落運営を目指したが,内部対立が表面化,64(同治3)清軍に南京を占領されて崩壊した。






2007-03-10 (土) 21:44:46 (2782d)