大化の改新

「大化の改新」についてのメモ。大化の改新とは…
HOME > 大化の改新

大化の新政

大化の改新 †

  • 645年(大化元年)、中大兄皇子(のちの天智天皇)・中臣鎌足(なかとみのかまたり)らがが中心となって行った、蘇我氏打倒に始まる一連の政治改革。

唐の律令制を手本として、公地公民制による中央集権国家建設を目的としたもの。皇族・豪族の私有地・私有民の廃止、地方行政制度の確立、班田収授の法の実施、租・庸・調などの統一的な税制の実施などをうたった改新の詔(みことのり)を公布。

大宝元年(七〇一)の大宝律令の制定によってその政治制度は確立した。

蘇我蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)父子を滅ぼした中大兄皇子は孝徳天皇を即位させ、自らは皇太子として実権を握った。
翌年、公地公民制、地方行政組織の確立、戸籍・計帳の作成と班田収授法の施行、租・庸・調の統一的税制の実施を中心とした改新の詔(みことのり)を発布し、氏姓制度による皇族・豪族の支配を否定して、中央集権的支配の実現へと向かった。






2007-03-10 (土) 21:44:52 (5594d)