大隈重信

「大隈重信」についてのメモ。大隈重信とは…
HOME > 大隈重信

大隈重信 †

  • 1838〜1922
  • 政治家。佐賀藩士。幕末、尊攘派として活躍。維新後、財政面で尽力。
    明治一四年(一八八一)の政変で下野し、翌年立憲改進党を組織。
    伊藤・黒田内閣の外相として条約改正にあたったが、爆弾を投げられて片脚を失う。

1888年(明治21)、外相として条約改正にあたる。翌年、玄洋社社員に襲われ、片足を失う。

  • 1898年(明治31)、板垣退助とともに憲政党を結成し、最初の政党内閣を組織。1914年(大正3)、再び首相となり、第一次大戦への参戦を決定。
  • 東京専門学校(現、早稲田大学)の創立者。





2007-03-10 (土) 21:44:54 (4301d)