大航海時代

「大航海時代」についてのメモ。大航海時代とは…
HOME > 大航海時代

Age of Geographical Discovery 発見時代

大航海時代 †

15世紀から17世紀前半にかけて、ポルトガル・スペインなどを中心とするヨーロッパ諸国が、地球規模の遠洋航海を実施して新航路・新大陸を「発見」し、積極的な海外進出を行った時代。

ディアスの喜望峰回航、ガマのインド航路開拓、コロンブスのアメリカ到達、マゼランの世界周航などが行われ、商業革命・価格革命・封建貴族没落などの影響が生じ、ヨーロッパによる世界支配の契機となった。世界史上に、近代植民地体制の確立という転機をもたらした。

中世末期に東方貿易を独占していたのは、ヴェネチア、ジェノヴァなどのイタリア都市。当時の食生活上、肉の腐敗防止と昧つけに香辛料は不可欠であったことから、香辛料は東方貿易の最大の商品であり、それを独占的に扱うイスラム商人、ヴェネチアなどの商人は、巨額の利益を得ていた。15世紀後半に、西アジアの通商路を支配していたオスマン=トルコが高額の関税を課すようになると、地中海を経由しない新貿易路の開拓の必要性に迫られた。さらに、マルコ=ポーロの『世界の記述』であった。当時は中央集権国家が形成され、各王室が富国策として貿易の発展をめざしていたことも、新貿易路開拓を促進。

ヨーロッパの大国が中央集権化を推進して陸上で抗争を展開している時、ポルトガルは国土が狭く貧しかったので、早くから海上進出に努めていた。アフリカ南下の道を開いたのは、エンリケ航海王子の奨励によるアフリカ西岸への探検航海が契機であった。王子の死後も探検は続けられ、1488年にバルトロメウ=ディアスがアフリカ南端に達した。彼は、その地を「暴風岬」と名付けたが、国王ジョアン2世によって、「喜望峰」と改名された。1498年には、国王エマヌエル2世の命でヴァスコ=ダ=ガマがリスボンを出港し「喜望峰」を回って、インドのカリカットに到着、かくて、ポルトガルによりインド航路の発見が達成。

一方、レコンキスタを完成させたスペインは、インドへの航海のパトロンを探していたコロンブスをイサベラ女王が援助したことにより、新大陸を支配する機会に恵まれることとなった。コロンブスは、トスカネリの地球球体説を信じてインド到達を目的としていたことから、死ぬまで新大陸をインドと信じていた。

コロンブスの新大陸到達後、アメリゴ=ヴェスプッチがポルトガル王の命で南米を探検し、「新大陸」を「発見」。アメリカの名は彼の名に由来する。カポットは英王ヘンリー7世の命で北米東岸を探検。ポルトガル人カブラルがブラジルを発見したことで新大陸では唯一ポルトガル領となった。

バルボアはパナマ地峡を横断し、太平洋を発見。ポルトガル人マゼランは、スペイン王の命で世界周航に乗り出したがフィリピンで原住民に殺され、彼の部下が航海を続行して世界周航に成功。地球球体説が実証された。

新航路の発見後、スペイン、ポルトガルの植民活動の紛争を避けるため、教皇の調停により、トルデシラス協定が結ばれ、両国の植民地の分界が決定された。新大陸の経営に乗り出したスペインは、コルテスがメキシコのアステカ帝国を、ピサロがペルーのインカ帝国を滅ぼし、植民地を拡大していった。彼らコンキスタドーレス(征服者)は、インディオやアフリカから連れてきた黒人奴隷たちを農園栽培、金銀採掘に従事させて、莫大な富を本国にもたらした。

新航路、新大陸の発見の結果、ヨーロッパ内部では東方貿易と商業の中心が、地中海から大西洋岸にシフトし、地球規模の貿易構造に変化。商業革命である。また、新大陸から大量に金・銀が流入し物価が高騰しインフレーションを引き起こした(価格革命)。
新航路、新大陸の発見は、また世界の一体化の始まりであった。

海外進出の背景

  1. 東洋への憧れ
    • マルコ=ポーロの『世界の記述』(黄金の国ジパング)
  2. 新貿易路開拓の必要性
    • オスマンの地中海支配で香辛料輸入代の高騰
  3. 中央集権国家の探検奨励
    • 中央集権化による国費の膨張
  4. 遠洋航海技術の確立
    • 科学技術の発達(羅針盤、地球球体説など)

大航海時代の影響

  1. ヨーロッパ人による世界支配のはじまり
    • アジアのヨーロッパへの隷属の始まり
  2. 世界の一体化
  3. ヨーロッパの商業革命
  4. ヨーロッパの価格革命
  5. 絶対主義国家の発達促進





2007-03-10 (土) 21:44:55 (3786d)