大政奉還

「大政奉還」についてのメモ。大政奉還とは…
HOME > 大政奉還

大政奉還 †

  • 1867年11月9日(慶応三年10月14日)、一五代将軍徳川慶喜が征夷大将軍の職を辞し、政権を朝廷に返上することを申し出、翌日朝廷がそれを許可したこと。
  • これによって鎌倉幕府以来約700年続いてきた武家政治は終了した。
  • 公武合体派の前土佐藩主山内豊信の建白によるが、討幕の名義を失ったかに見えた討幕派は同日討幕の密勅を得て、以後王政復古のクーデターによって慶喜の辞官納地を決し、鳥羽伏見の戦いを経て戊辰戦争へと発展。

大政奉還

坂本龍馬の船中八策(船の中で考えた8条の国家構想)にそった献策で、将軍からいったん政権を朝廷に返し、朝廷のもとに諸藩を単位とする連合政権をつくる構想が実現した。






2007-03-10 (土) 21:44:58 (5064d)