大友皇子

「大友皇子」についてのメモ。大友皇子とは…
HOME > 大友皇子

大友皇子 †

  • 648-672
  • 天智天皇の長子。伊賀皇子とも。壬申(じんしん)の乱で叔父大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)に敗れ縊死。「懐風藻」に漢詩二首を収める。妻は十市皇女(とおちのひめみこ)。

弘文天皇

弘文天皇
第39代の天皇(在位671〜672)。名は大友皇子また伊賀皇子。天智天皇の第1皇子。母は伊賀采女宅子娘(やかこのいらつめ)。深く父天智天皇に愛され,すでに皇太子大海人(天武天皇)がいたにもかかわらず,天智10(671)年太政大臣に任じられ政治に参与,皇儲に擬せられた。天智天皇の没後,大海人皇子と皇位を争い(→壬申の乱),大海人皇子の軍に敗れて山前(滋賀県長等山)で自殺した。天皇の即位については,『日本書紀』に記載がなく,疑義をもたれている。『大日本史』は大友天皇の本紀を立て,明治3(1870)年に明治天皇によって弘文天皇と追諡された。漢詩に長じ,『懐風藻』に2編を収めている。妃は大海人皇子の娘十市皇女である。陵墓は滋賀県大津市の長等山前陵






2007-03-10 (土) 21:45:06 (4601d)