第三世界

「第三世界」についてのメモ。第三世界とは…
HOME > 第三世界

第三世界 †

先進資本主義諸国を第一世界、社会主義諸国を第二世界と呼び、それに対し、アジア・アフリカ・ラテン-アメリカなどの発展途上にある国を指した呼称。

The Third World
一般的には欧米先進資本主義諸国(第一世界),社会主義諸国(第二世界)に対してアジア,アフリカ,ラテンアメリカなどの発展途上国をさす呼称。語源的にはフランス革命時の「第三身分」Tiers E*tatに由来する。しかし中国指導部は米ソ両大国を第一世界,発展途上国を第三世界,両者の中間にある日本,ヨーロッパ共同体などの資本主義諸国を第二世界と定義し,みずからを第三世界に位置づける「三世界論」を展開している(1974年の国連資源総会での*小平副首相演説)し,また帝国主義本国(メトロポリス)に従属する衛星周辺国(サテライト)の意味として,あるいはアメリカにおける黒人社会などのように先進国内部の被差別社会に対して使用される場合もある。

一般的には、西欧を中心とした先進資本主義国家群を「第一世界」、旧ソ連・東欧の社会主義国家群を「第二世界」とし、そのいずれにも含まれないアジア、アフリカ、ラテンアメリカの開発途上国家群を「第三世界」とよんだ。1950年代初めころから、歴史的復権を目ざすこれらアジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国の著しい台頭や、民族主義運動の発展を、フランス革命における「第三身分」le tiers ?tatの台頭になぞらえて使われ始めた用語で、その後しだいに一般化した。もっとも、70年代なかばに中国が提起した「三つの世界論」では、米ソ両超大国を第一世界、その他の発展した資本主義諸国、社会主義諸国を第二世界とする独特の規定の仕方が示されているが、その場合でもアジア、アフリカ、ラテンアメリカの開発途上諸国を第三世界と規定している点で、前述の第三世界の概念と変わるところはない。第三世界諸国は50年代にはAA会議に象徴されるアジア、アフリカの連帯運動を通じて、60年代以降は非同盟諸国会議の運動を軸として、大国優位、先進国中心の世界秩序の変革を推進しようと努めてきた。なお70年代以降、資源問題がクローズアップされるなかで、資源も資本も技術ももたない後発開発途上国を「第四世界」として第三世界と区別する議論も登場してきた。第三世界内部の経済格差の拡大から生ずる問題は、「南南問題」とよばれる。しかし、東西冷戦終結後の90年代に入り、ソ連の解体、ソ連・東欧諸国の民主化、市場経済化の進行などによっていわば「第二世界」が事実上消滅すると、「第三世界」という用語もまた根拠を失うことになる。ただ現実にはまだ、開発途上世界を「第三世界」とよぶケースがまったくなくなったわけではない。あるいは現状変革勢力という意味合いでの「第三世界」という用語も、まだ生き続けているといってもよいだろう






2007-03-10 (土) 21:45:13 (3911d)