地租改正

「地租改正」についてのメモ。地租改正とは…
HOME > 地租改正

地租改正 †

明治政府による土地・租税制度の改革。土地の私的所有を認め、地価の三パーセントを金納としたが、江戸時代の年貢収入額を維持する高額地租であり、軽減を要求して各地に農民一揆が起こった。

明治政府による土地・租税制度の改革。1872年(明治5)田畑売買禁止令を解き地券を発行、翌年地租改正条例を定めて土地所有権確定、土地丈量・地価算定・新地券交付を行い、税率を地価の3パーセントの金納とした。これによって政府の財政的基礎が確立した一方、地主・小作の関係は強化された。

地租改正 †

明治維新によって成立した新政府は,矢継ぎ早に新たな政策を施行した。まだ,政府には近代的財政の知識が欠如していたので,財源は年貢(地租)に頼らざるを得なかった。このため土地制度の近代化が叫ばれ,地租改正という形で結実した。その実施は1873(明治6)年7月の地租改正条例の発布を皮切りに,1881(明治14)年までに終了した。

その内容は次の通りである。

  1. 課税標準を収穫高から一定の地価にかえ,その証明として地券を発行する。
  2. 租税は物納から金納にし,税率は地価の百分の三とする。
  3. 土地所有者を納税者とする。

 このように地租は近代的租税の形態をとっていたが,農民には重い負担であったので,各地で地租改正反対一揆が起こった。
 地租改正の経済史的意義は,次の二点あったといえる。一つは,明治初期の資本の本源的蓄積の重要な柱となったこと,もう一つは農民層分解が早まり,資本主義発展のための労働力供給の役割を果たすようになったことである。






2007-03-10 (土) 21:45:26 (5335d)