中間発行増資

「中間発行増資」についてのメモ。中間発行増資とは…
HOME > 中間発行増資

中間発行増資 †

既存の株主に割り当てる増資形態の一つ。発行価格を時価と額面の中間で決める増資

中間発行増資(median price share issue)〔株式市場用語〕
株主割当増資の一種で、古くからドイツで普及していた増資形態。株主に増資プレミアムを与えつつ、額面割当増資より効率良く資金を調達するのが狙い。日本では、一九八○(昭和五五)年一一月に実施のためのガイドラインが設けられてから増えた。九五年度に上場企業が行った株主割当増資七件のうち六件が中間発行増資で、調達額は合計七○九億円だった。実施したのは、いずれも地方銀行で、最近は、中間発行増資が銀行の資金調達及び株主資本充実のひとつの柱になっている。






2007-03-10 (土) 21:45:33 (3672d)