朝鮮戦争

「朝鮮戦争」についてのメモ。朝鮮戦争とは…
HOME > 朝鮮戦争

朝鮮戦争 †

  • 大韓民国と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)との間の戦争。
  • 第二次大戦後の米・ソの対立を背景として、1950年六月に南北朝鮮を分かつ北緯38度線付近で武力衝突し、それぞれ米軍を中心とする国連軍、中国義勇軍の支援のもとにほぼ朝鮮半島全域を戦場とした国際紛争。
  • 1953年7月、休戦協定が成立。

朝鮮戦争とサンフランシスコ講和条約 †

  • マッカーサーは1947(昭和22)年3馴二1年以内の早期講和を提唱。アメリカ国務省も1949(昭和24)年11月,講和条約草案を準備中であると発表。吉田首相は,早期独立達成にはソ連陣営を除外した多数講和もやむをえないとして,アメリカとの連携を強めた。
  • 民主党のトルーマン政権は,共和党の外交専門家ダレスを国務長官外交政策顧問に起用して対日講和を担当させ,ダレスが日本の各界指導者の意見を打診するために来日中,朝鮮戦争が勃発。国防総省では早期講和反対が強まったが,対日講和を推進して日本に再軍備などを求める政府決定がなされ,ダレスを大統領特使として日本に派遣した。

しかし吉田首相は国内外の懸念を論拠に経済力中心主義で応酬し,ダレス・吉田会談で,講和条約,日米安全保障条約,行政協定の3段構えの構想が了解された。

1951(昭和26)年9月のサンフランシスコ講和会議で西側諸国との間で講和条約が,さらに日米間で安保条約が調印された。両条約批准審議で社会党は,労働運動出身者を中心とする右派が講和条約賛成・安保条約反対,マルクス主義による社会主義革命を掲げる左派が講和・安保両条約に反対して分裂した。






2007-03-10 (土) 21:45:44 (3762d)