直間比率

「直間比率」についてのメモ。直間比率とは…
HOME > 直間比率

(direct and indirect tax ration)

直間比率

直接税と間接税の税収の割合を直間比率という。国税では、直接税が6割、間接税が4割。地方税では、直接税が8割、間接税が2割。国税・地方税トータルでみると、直接税が7割、間接税が3割。近年、間接税の比重が高くなってきている。これは、間接税が景気の影響が比較的少なく、税収が安定することも一因。ただ、不況下での間接税の増徴は、景気に悪い影響を及ぼす。

 税収の中に占める直接税と間接の比率。
 理論的には望ましい比率としは存在せず、あくまでその国の歴史や国民性によって決められる。






2007-03-10 (土) 21:45:50 (4272d)