坪内逍遥

「坪内逍遥」についてのメモ。坪内逍遥とは…
HOME > 坪内逍遥

坪内逍遥 †

  • 1859-1935

小説家・評論家・劇作家・翻訳家・教育家。
美濃の生まれ。

本名、雄蔵。別号、春のや主人・春のやおぼろ・小羊など。東大卒。早大教授。近代小説の理論書「小説神髄」で心理的写実主義を提唱、実践作「当世書生気質」「細君」を世に問うた。以後「早稲田文学」の刊行に尽力、史劇に新領域を開き「桐一葉」「牧の方」「役の行者」などを残した。シェークスピア全集の個人訳がある。
本名、雄蔵。別号、春廼舎朧(はるのやおぼろ)など。文学論「小説神髄」、小説「当世書生気質(とうせいしよせいかたぎ)」を発表、写実主義を提唱し、日本の近代文学の先駆者となった。明治二四年(一八九一)「早稲田文学」を創刊。シェークスピアの研究・翻訳や、文芸協会を主宰して演劇運動にも尽力。他に戯曲「桐一葉」「新曲浦島」「役(えん)の行者」など。






2007-03-10 (土) 21:45:58 (3931d)