哲学史

「哲学史」についてのメモ。哲学史とは…
HOME > 哲学史

哲学史 †

哲学の歴史的展開およびそれについての学問的探求。存在の究極的原理を解明しようとする哲学は,常に初めから問い直して永遠を目指す性格をもつ。それに応じて学問としての哲学史もまた,ほかの学問史とは異なり,学説を単なる過去事象としてとらえるのではなく,永遠につながるものとして,したがって新たな哲学探求の土台として営まれる。この意味で哲学史は哲学の一部門をなしている。反面,哲学も時代との相関性を免れず,哲学史も個々の哲学をその時代においてとらえなければならず,歴史学としての客観性も必要となる。学問としての哲学史はアリストテレスの『形而上学』第1巻をもって嚆矢とするとされ,また中国では周時代の荘周の『荘子』第33「天下篇」にもみられる。教父時代のギリシア哲学のキリスト教的解釈や,中世の注釈,ルネサンス人文主義者の解釈など,みなある意味で哲学史の性格をもつが,真の意味では哲学史はヘーゲルに始るとされる。通史としてはヘーゲルのほか,代表的なものにF.ユーベルベーク,E.ブレイエ,F.コプルストンらの研究がある。特定の時代を対象とする時代史ではE.ツェラーの古代ギリシア,E.ジルソンの中世があり,逆に特定の主題をとって時代を下る問題史としては,自然哲学に関するM.デュエムが著名。ほかに個々の哲学者を対象とするモノグラフィ,一冊ずつの著書の注釈には多くのものがある






2007-03-10 (土) 21:46:03 (3880d)