天皇

「天皇」についてのメモ。天皇とは…
HOME > 天皇

天皇 †

日本国憲法で定められた日本国および日本国民統合の象徴。その地位は国民の総意に基づくとされ、一定の国事行為だけを行い、国政に関する権能をもたない。皇位は世襲とされ、男系の男子によって継承される。明治憲法では、国の元首として統治権を総攬(そうらん)する地位にあった。

日本国憲法において、国民の総意に基づいて、日本国および日本国民統合の象徴と規定される地位、あるいはその地位にある個人。皇室典範の規定により皇統に属する男系の男子によって継承される。明治憲法においては国家元首として神聖不可侵な統治権の総攬者とされた。

2 皇帝・君主を敬っていう語。〔「天皇」は中国では、古く最高神の意で北極星を神格化した語。唐代に君主の正式名称として用いた。日本では古代の政治・軍事権力の頂点に立つ者を「おおきみ(大王)」といったが、天武朝ごろから中央集権国家の君主として「天皇」の称号が用いられるようになった。律令用語であることから伝統的に呉音読みをする。古くは、神と一体化させて「現神(あきつかみ)」、天照大神の子孫の意で、「日(ひ)の御子(みこ)」などとも呼ばれた。この他、「みかど」「上(うえ)」「上(かみ)」「皇上」「主上」「天子」など多くの名称が使われていたが、明治憲法によって「天皇」の公称が確立。のち1936年(昭和11)、外交文書でそれまで用いていた「皇帝」(emperor の訳語)との併用をやめ、称号は「天皇」に統一された〕






2007-03-10 (土) 21:46:05 (4547d)