天智天皇

「天智天皇」についてのメモ。天智天皇とは…
HOME > 天智天皇

中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)。葛城皇子(かずらきのおうじ)。

天智天皇 †

626-671

第三八代の天皇。在位六六八〜七一。舒明天皇の第二皇子。母は皇極(斉明)天皇。中臣鎌足の協力で蘇我氏を滅ぼし、皇太子として大化の改新を断行。
斉明天皇没後、称制をとり、近江(おうみ)の大津宮に遷都ののち即位。

「日本書紀」で第三八代天皇の漢風諡号(しごう)(在位 668-671)。名は葛城(かづらきの)皇子。一名開別(ひらかすわけの)皇子とも。
中大兄(なかのおおえの)皇子は他の「大兄」と区別するための呼び名。

和風諡号は天命開別(あめみことひらかすわけ)。
舒明天皇第二皇子。

  • 645年(大化1)中臣鎌足と図って蘇我(そが)氏を滅ぼし、皇太子として改新政治を主導。即位後、都を大津に移し、近江令を制定。
  • 庚午年籍を作り、近江令を制定し、内政の整備に努めた。律令体制の基礎を築いた。
  • 万葉集に歌を収める。





2007-03-10 (土) 21:46:07 (5594d)