天保の改革

「天保の改革」についてのメモ。天保の改革とは…
HOME > 天保の改革

天保の改革 †

天保一二〜一四年(一八四一〜四三)老中水野忠邦が行った幕府の政治・経済改革。倹約・風俗粛正を断行し、農村復興のための人返しの令、株仲間の解散、物価引き下げなどの諸改革を行った。
また、江戸・大坂一〇里四方を天領としようとしたが、激しい反対にあい、忠邦は失脚した。

江戸後期、天保年間に行われた幕府・諸藩による改革。狭義には1841年から43年にかけて、老中水野忠邦を中心に行われた江戸幕府の政治改革。水野は風俗粛正・奢侈(しやし)禁止・物価引き下げを図り、人返しの法、株仲間の解散、上知令などを発したが、諸大名や町人・農民の反対にあって失脚した。諸藩においても藩債整理などによる財政改革や専売制などが行われた。

水野忠邦の天保の改革 †

 天保5(1834)年老中に就いた水野忠邦は,大塩平八郎の乱(1837・天保8年)や外国船の来航なと,内外の危機の中で,1841年将軍家斉の死後,幕政改革にのり出した。忠邦は、全面的な株仲間の解散を命じるとともに,上知命を出して,江戸大坂周辺の大名旗本の領地を収公し,先進地域を天領として財源の確保と,治安の維持国防体制の強化をねらったか,大名らの反対にあい,結局,撤回せざるをえなかった。
また,人返しの法によって江戸に増加した人口を帰農させる政策をとった。






2007-03-10 (土) 21:46:08 (4096d)