天暦の治

「天暦の治」についてのメモ。天暦の治とは…
HOME > 天暦の治

天暦の治 †

  • 平安中期、村上天皇の治世。天皇親政を行い、政治・文化に積極的であった時代として、後世賞揚された。

延喜・天暦の治

醍醐(だいご)、村上(むらかみ)両天皇の治世を聖代として賛美した呼称。延喜(901〜923)は醍醐朝の、天暦(947〜957)は村上朝の代表的年号で、両朝ともほぼ摂政(せっしょう)、関白(かんぱく)を置かず、天皇親政の形をとった。すでに清和(せいわ)天皇の治世(858〜876)をたたえて「貞観(じょうがん)之政」と称した記述が『三代実録』にみえるが、村上天皇の没後数年にして早くも「延喜聖代」あるいは「延喜天暦二朝之故事」を追慕する文言がみえ、宮中清涼殿(せいりょうでん)には両天皇の日記を二代御記と称して常備し、政務、故実の鑑(かがみ)とした。初めは両朝の文化的事績を高く評価する学者、文人の言説からしだいに一般廷臣の間に広まり、さらに摂関勢力の衰退に伴い、両朝を皇室と藤原氏の蜜月(みつげつ)時代と懐古賛仰する風潮も現れた。その後、武家政権を倒し、摂関政治も院政も否定した後醍醐(ごだいご)天皇(在位1318〜39)は、延喜・天暦の治世を天皇親政の理想像として高く掲げ、後醍醐および次代後村上の追号を生む原因にもなった






2007-03-10 (土) 21:46:09 (5594d)