党議拘束

「党議拘束」についてのメモ。党議拘束とは…
HOME > 党議拘束

党議拘束 †

 各政党が首相指名選挙や法案などの採決に当たり、所属議員の投票行動を縛ること。法的な根拠はないが、重要法案や内閣不信任決議案などの案件での党議違反は、党の威信にかかわるため、厳しい処分を科すケースが多い。自民党の場合は通常、総務会で法案を了承する際、特別な留保がない限り、自動的に党議拘束がかかる。ただ二院制見直し論議の中で、参院では独自性確保の観点から党議拘束を緩和すべきだとの意見が出ている。臓器移植法のように宗教観にかかわるようなテーマでは党議拘束を外す例もある。






2007-03-10 (土) 21:46:18 (3702d)