東久邇稔彦

「東久邇稔彦」についてのメモ。東久邇稔彦とは…
HOME > 東久邇稔彦

歴代首相東久邇稔彦ひがしくに‐なるひこ

東久邇稔彦 †

  • 1887年〜1990年。

 軍人。旧皇族。京都の生まれ。第二次大戦終結直後、首相として皇族内閣を組織し終戦処理にあたった。

昭和時代のもと皇族,東久邇宮家の創立者,陸軍大将(1887‐1990)。久邇宮朝彦(くにのみやあさひこ)親王の第9王子。陸軍の要職を歴任し,第二次世界大戦直後首相として終戦処理にあたった。1947年に臣籍降下。

1887.12.3‐1990.1.20
軍人,政治家。京都府生れ。元皇族で,久邇宮朝彦の第9子。1906年に東久邇宮家創設。妃は明治天皇皇女聡子。陸軍士官学校・陸軍大卒業後,フランス留学等を経て39年陸軍大将に昇任,軍事参事官で敗戦を迎えた。45年8月鈴木貫太郎首相退陣ののち首相に就任,降伏文書調印などの降伏実務処理を行った。連合軍先遣隊が厚木に到着した8.28に記者会見で<国体の護持>と<一億総懺悔論>を唱えた。10.4*GHQから出された<人権指令>を実行不可能として退陣,のち47年に*皇籍離脱。世界連邦日本支部長などを務めたのち,102歳で死去。






2007-03-10 (土) 21:46:23 (3813d)