統計的差別

「統計的差別」についてのメモ。統計的差別とは…
HOME > 統計的差別

統計的差別理論

統計的差別 †

  • 過去の統計に基づき、企業は個々の労働者の能力を完全に見抜くことができなくとも、平均的な傾向はつかむことができる。
  • 性別や学歴などは、容易に得られる情報であり、これらの属性間で入社後の実績に違いがあることが統計によって示されるなら、企業はそれをシグナルとして判断を下す。

統計的差別の例 †

  • 性別によって男女の勤続年数に違いが見られる場合、企業は男性に対して採用しようとする傾向があるし、人的投資を積極的に行うインセンティブを持つ。
  • 採用に際して、A大学とB大学の出身者のどちらかを決める場合、出身者個人の能力はわからないが、過去にA大学生徒全体を平均した能力水準がB大学よりも高いと判断されれば、企業はその傾向に基づきA大学の出身者の採用を決める傾向が強くなる。





2008-12-03 (水) 16:06:04 (3064d)