藤原惺窩

「藤原惺窩」についてのメモ。藤原惺窩とは…
HOME > 藤原惺窩

ふじわらせいか

藤原惺窩 †

1561-1619) 江戸初期の儒学者。播磨の人。名は粛、字(あざな)は斂夫。初め相国寺の僧。のち朱子学を究めて、京学派をおこした。徳川家康に重んぜられ、門人に林羅山らがいる。仏教・老荘との融和を心がけた。

安土桃山・江戸初期の儒学者。播磨(はりま)の人。冷泉(れいぜい)家の出身。名は粛。字(あざな)は斂夫。初め相国寺に入ったが、のち還俗(げんぞく)。朱子学を究め、門人から林羅山・松永尺五らを輩出した。

著「四書五経倭訓」「惺窩文集」など。






2007-03-10 (土) 21:46:32 (5060d)