徳川家綱

「徳川家綱」についてのメモ。徳川家綱とは…
HOME > 徳川家綱

徳川家綱 †

  • 1641-1680
  • 江戸幕府第四代将軍(1651-1680)。
  • 徳川家光の長男。幼名竹千代。
  • 生来病弱のため、治政初期は保科正之・松平信綱らの老中が補佐し、後半は大老酒井忠清が実権を握った。
    江戸幕府4代将軍(在職1651〜80)。家光の長男。母は増山氏。幼名は竹千代。院号は厳有院。慶安4(51)年8月18日将軍宣下。幼少であったため,初期には保科正之,酒井忠勝,阿部忠秋,松平信綱ら父以来の重臣が政務をとった。この時期には,3代までの武断政治による大名取りつぶしから牢人が増加し,由井正雪らの慶安事件が起った。後期は,酒井忠清が大老として実権を握り,幕府の基礎は固まった。またこの時期に殉死が禁じられた。





2007-03-10 (土) 21:46:39 (5064d)