徳川家斉

「徳川家斉」についてのメモ。徳川家斉とは…
HOME > 徳川家斉

とくがわいえなり

徳川家斉 †

(1773-1841)

  • 江戸幕府第11代将軍(1787-1837)。

一橋治斉の長男。家治の養子。幼名豊千代。

  • 田沼意次を排して、松平定信を老中主座とし、学問を奨励、寛政の改革を行わせた。定信失脚後、家斉親政になると、幕政はゆるみ、爛熟した化政文化が現出。隠居後も大御所と称して実権を握った。
  • ぜいたくな生活を好み、側室40人、子女55人を数えた。





2008-08-01 (金) 03:32:51 (4319d)