南宋

「南宋」についてのメモ。南宋とは…
HOME > 南宋

なんそう

南宋 †

中国の国名。靖康(せいこう)の変での皇帝らが金に連れ去られた後、一一二七年、高宗が江南に拠り、臨安を都として再建した王朝。一二七九年、金に代わった元に滅ぼされた。


(そう)
中国の王朝(960〜1279)。開封{かいほう}を都とした北宋(960〜1127)と臨安{りんあん}(杭州{こうしゆう})を都とした南宋(1127〜1279)をあわせてさし、300余年続いた。南朝の宋(劉宋{りゆうそう})と区別して趙宋{ちようそう}ともいう。
 中国2000余年の中華帝国期を文化、社会、経済のうえでくぎるとき、普通、唐末から宋の時代(9〜13世紀)を唐・宋変革期といい、あるいは中期中華帝国の始源をなす中世革命期と考える。この区分の指標は、官僚制機構の刷新、社会経済や技術の変革、文化の新鮮さにあり、中華帝国という文化伝統の枠内での断絶と革新に着目する。そして宋型の国家、社会経済、文化が、元{げん}、清{しん}という異民族支配を被りながらも、以後1000年近く続いたことを重視する。一方、東アジア史でも、唐の世界帝国が滅びたあと、民族自立化の動きが盛んとなり、日本では平安から鎌倉初期の武士政権が、朝鮮半島では軍事色の強い高麗{こうらい}朝が、ベトナムでは初めて中華世界から独立した呉{ご}朝、李{り}朝が生まれた。北方では遼{りよう}、西夏{せいか}、金{きん}、モンゴルが興り、いずれも外交、政治で中国との対等を求め、国字や固有文化を育て始めた。






2007-03-10 (土) 21:46:53 (4871d)