南北戦争

「南北戦争」についてのメモ。南北戦争とは…
HOME > 南北戦争

南北戦争 †

  • 1861〜1865年のアメリカ合衆国の内乱。
  • 奴隷制大農場を基盤とする南部諸州と商工業が盛んで奴隷制に反対する北部諸州の利害の対立から戦争に発展。
  • 黒人奴隷を使用して自由貿易を主張する南部と、国内市場の統一、保護貿易を主張する北部との対立が、奴隷制不拡大を掲げるリンカーンの大統領当選を機に、戦争へ発展した。
  • 劣勢であった北部が奴隷解放宣言ののち攻勢に転じ、南部の降伏で終結。
  • この結果、奴隷制度は廃止され、独立以来、対立を続けた南部・北部は事実上統一された。
  • 北軍の勝利で奴隷解放は実現したが、黒人差別問題は残された。

アメリカの発展と南北戦争 †

  • 独立当初東部13州にしか過ぎなかったアメリカ合衆国は、1783年のパリ条約でミシシッピ川以東のルイジアナ(東ルイジアナ)を獲得し、次いで第3代大統領ジェファーソンの時代に、フランスからミシシッピ川以西のルイジアナ(西ルイジアナ)を買収して西部開拓を推進。
    ナポレオン戦争中におきた米英戦争を契機としてアメリカの経済的自立が強まり、木綿工業を始めとする国内産業の発展。これらの情勢を背景に、第5代大統領モンローは、ラテン・アメリカ諸国の独立に対して、モンロー宣言を発し、列国の干渉を排してアメリカ合衆国の自立化を推進。自立化と並行して、西部開拓が一層進められた。1848年米墨戦争の勝利でメキシコからカリフォルニアを割譲させアメリカ領土は太平洋岸に達した。ここにアメリカは、大西洋から太平洋にいたる大陸国家となった。
    この間、西部出身で初めて大統領になった第7代大統領ジャクソンがアメリカの民主化を推進させたが、産業革命の進展に伴い、
    • 北部:資本主義を推進する
    • 南部:奴隷制とモノカルチュアー(単一作物栽培)を基盤
    • 西部:独立自営農民を中心としつつ工業化も始まった
  • という特色ある三つのセクションが形成されそれぞれ対立を始めていた。
  • 南部はイギリス綿業への原料供給地であったので自由貿易を主張し、北部は商工業の保護育成のため、高関税の保護貿易を主張したので両者は対立していたが、これに独立時以来の連邦主義と州権主義の対立や奴隷制を認めるかどうかの問題がからんで、対立は深刻化。
  • 北部では、ストウ夫人の『アンクル=トムの小屋』が書かれ、奴隷制廃止の世論が高まった。1854年にカンザス・ネブラスカ法が成立すると同法に反対する北部人は、共和党を結成。1860年に西部領域での奴隷制禁止を主張する共和党のリンカーンが大統領に当選すると、翌年南部11州は合衆国から離脱してジェファーソン=デーヴィスを暫定大統領とするアメリカ連合国(首都リッチモンド)を結成した。
  • 第16代大統領に就任したリンカーンは、南部諸州の奴隷制に干渉する意思も権限も自分にはないことを強調して合衆国への復帰を呼び掛けたが、南軍のサムター要塞攻撃で南北戦争は始まった。
  • 初めは、リー将軍の活躍で南軍が優勢であったが、1863年リンカーンが奴隷解放宣言を出して内外世論の支持を得、ゲティスハーグの戦い以後グラント将軍の率いる北軍が優勢に転じて、1865年リッチモンドの陥落によるアメリカ連合国の敗北で南北戦争は終結。
  • 南北戦争後、アメリカは独立した州の連合体ではなく連邦国家体制を確立して単一の統一国家となり、奴繚制が廃止されて北部の工業資本の主導の下に産業革命が進展。

西部では、南北戦争中に、開拓を促進する目的で5年間の定住耕作後に一定の土地所有を認めるホームステッド法(自営農地法)が制定され、中産階級が形成。大陸横断鉄道が開通し、1890年代にはフロンティア(辺境)が消滅。

西漸運動とマニフェスト=デスティニー政策

西漸運動を支えた思想の一つにフロンティア=スピリッツ(開拓者魂)がある。これは、ピューリタニズムと結合してアメリカ民主主義を支える基盤となった。もう一つ西漸運動を支えた思想として知られるものにマニフェスト=デスティニー。これはアメリカ人が領土を西方へ拡張するのは人口増加による当然の措置で神の使命であると考えた思想で、これはネイティブ=アメリカンであるインディアンの駆逐を正当化する口実にも使われた。

南北対立

北部南部
中心産業商工業プランテーション経営(綿花栽培)
貿易政策保護貿易関税政策(英工業に対抗し、商工業の保護育成を目的)自由貿易政策(綿花輸出と工業製品の輸入が目的)
奴隷制度自由労働者や進歩的市民階級が多く、自由労働を主張プランテーション経営維持のために存続を主張
政体政党連邦主義・共和党州権主義・民主党

南北戦争の結果 †

  1. 単一国家の形成
  2. 奴隷制の廃止
  3. 北部主導による産業資本主義の発展
  4. 北部人に対する南部人の屈折した感情の形成





2008-08-07 (木) 19:12:45 (3211d)