二大政党制

「二大政党制」についてのメモ。二大政党制とは…
HOME > 二大政党制

two-party system

二大政党制

イギリス:労働党−保守党
アメリカ:民主党−共和党

イギリスは左右の対立を基調とし、アメリカは同質的な二つの政党であり、日本の自民党と民主党もアメリカ型モデルになるという見方が根強い。

ほぼ同程度の勢力をもつ二大政党が交互に政権を担当する制度。小党分立制,多党制,または一党独裁制に対する用語。第三党が存在しても二大政党に対して比較にならないほど小さく,また二大政党がそれぞれ単独で政権を担当しうる力量をもつ場合,また両党の基本的性格や,社会体制などに関する態度が類似し,両党の差が個々の政策上の問題である場合が多い。小党分立制による連合政権に対して,単独で政権を担当しうるため,政策が迅速に実行されうる。政権を一党が常に独占する状態に対して有力な対立党があるため,政治が独裁的,独善的にならないことなどが利点としてあげられるが,第三党に政権参加への道が閉ざされているため,少数者の権利が保障されにくい。イギリスのトーリー党とホイッグ党,保守党と自由党,1920年代以降の保守党と労働党,アメリカの1787年憲法案をめぐる賛成派と反対派に端を発する共和党と民主党の二大政党制はその代表例である。アメリカ型の二大政党制は「不明確な二党制」とも呼ばれている。それは次のような理由からである。(1)民主,共和両党の支持者の間にある程度の違いがみられるものの,綱領のうえでは重要な相違はない。(2)党への忠誠は尊重されてはいるが,議会内の規律はゆるやかである。(3)中央組織は存在するが,階層序列制的構造を欠如しており,その主要な機能は統制よりもむしろ宣伝活動に向けられている。一方イギリス型は「明確な二党制」といわれている。それは,党が明白なピラミッド的構造や規律をもち,党員は2政党間に綱領上の相違があると確信しているからである。二大政党制が存在する条件としては,その社会における利害の同質性が必要であるといわれているが,それ以外にも,技術的要因(選挙制度)が考えられる。現在イギリスは議席のうえでは保守,労働両党が90%以上を占めているが,得票率でみると第3党である自由党が1974年10月の選挙では18.6%獲得している。もし比例代表制をとると,自由党は100議席近く獲得することになり,二大政党制ではなくなるわけである。この点からしてイギリスの二大政党制を維持しているのは,小選挙区制であるといえよう






2007-03-10 (土) 21:46:58 (3813d)