二葉亭四迷

「二葉亭四迷」についてのメモ。二葉亭四迷とは…
HOME > 二葉亭四迷

二葉亭四迷 †

1864-1909
小説家・翻訳家。江戸市ヶ谷生まれ。本名、長谷川辰之助。東京外国語学校中退。

「小説総論」「浮雲」を発表、近代リアリズムの先駆者となる。言文一致の実践、「あひゞき」その他ロシア文学の翻訳など、近代文学史上画期的な意義をもつ。ほかに「其面影」「平凡」など。

坪内逍遥に師事し、言文一致体の小説「浮雲」を発表、また、ツルゲーネフなどのロシア文学を翻訳。明治四一年(一九〇八)ロシアへ渡り、翌年帰国の船中で客死。小説「其面影(そのおもかげ)」「平凡」、翻訳「あひゞき」など。






2007-03-10 (土) 21:46:59 (3812d)