日韓協約

「日韓協約」についてのメモ。日韓協約とは…
HOME > 日韓協約

日韓協約 †

日露戦争中から韓国併合まで、日本が朝鮮を植民地化するため締結した三次にわたる協約。(1)第一次。1904年(明治37)8月締結。韓国(大韓帝国)政府は外交・財政に日本政府推薦の顧問を招聘(しようへい)することとし、外交上の重要案件は事前に日本政府と協議のうえ決定することを義務づけられた。(2)第二次。1905年11月締結。日本は韓国政府のすべての外交権を奪い、韓国統監府の下においた。乙巳(いつし)保護条約。(3)第三次。1907年7月締結。日本は内政に関する支配権を奪い、司法・警察権も掌握。

日露戦争から韓国併合まで、日本が朝鮮支配を推進するために、三次にわたって締結した協約。(第一次)明治三七年(一九〇四)八月、韓国が日本政府推薦の外交・財政顧問を採用することなどを決めた協約。(第二次)同三八年一一月、日本が韓国の外交権を握り、統監がそれを統轄することを規定した協約で、保護条約ともいう。(第三次)同四〇年七月、司法・警察権を含む内政権を統監の下に置くことを決めた協約。






2007-03-10 (土) 21:47:01 (5430d)