日本美術

「日本美術」についてのメモ。日本美術とは…
HOME > 日本美術

日本の近代・現代絵画 †

明治維新後しばらくの間,日本美術は混沌とした状態にあった。浮世絵の月岡芳年など,江戸時代の技法を継承したものもいたが,高橋由一(「鮭」),浅井忠(「春畝」)などの西洋画の技術を積極的に取り入れる,または純粋に西洋画を目指したものも多数いた。浅井忠は明治9年に開設された工部美術学校の出身である。

しかしアメリカ人フェノロサ岡倉天心によって日本美術の優秀さが認められると,政府の急連な欧化政策への反発もあり,西洋美術排斥運動が起こる。明治22年開校の東京美術学校では西洋画の授業はなく,教授陣も日本画の橋本雅邦や木彫の高村光雲など,日本的美術の色合いが濃い人物ばかりであった。

これに対して,工部美術学校出身の洋画家たちが中心となって明治美術会が結成され,西洋美術排斥の姿勢に対抗した。

また,フランスに留学していた黒田清輝(「湖畔にて」)と久米桂一邸が明治26年に帰国し,最新の画法と技術を持つ作品があらわれる。黒田らの絵は工部美術学校出身の西洋画家たちとは一線を画するため,前者を「新派」、後者を「旧派」とよんで区別した。
 その後,日本美術界は芸術団体の離合集散が激しく,またその作品も非常にバラエティーに富んでいる。

主要な画家とその代表作
日本画

  • 横山大観  「屈原」「生生流転」
  • 竹内栖鳳  「河口」

西洋画

  • 青木繁   「海の辛」「わだつみのいろこの宮」
  • 萬鉄五邸  「裸体美人」「日傘の女」
  • 岸田劉生  「麗子像」「道路と土手と塀」
  • 梅原籠三郎 「桜島」「紫禁城」「金の首飾り」
  • 村上華岳 「裸婦図」
  • 竹久夢二  「黒船屋」
  • 佐伯祐三  「郵便配達夫」
  • 安井曾太郎 「孔雀と女」「金蓉」





2007-03-10 (土) 21:47:18 (3998d)