日露戦争

「日露戦争」についてのメモ。日露戦争とは…
HOME > 日露戦争

韓国併合

日露戦争 †

  • 1904年(明治37)2月から翌年にかけて、満州(中国東北部)・朝鮮の支配をめぐって戦われた日本とロシアの戦争。
  • ロシアの南下政策に対して日本は英・米の支持の下に強硬政策をとり開戦。
  • 日本軍は旅順攻略・奉天会戦・日本海海戦で勝利を収めたが、軍事的・財政的に限界に達し、ロシアでは革命運動の激化などで早期戦争終結を望み、両国はアメリカ大統領ルーズベルトの勧告をいれて、1905年9月ポーツマスで講和条約を締結した。→ポーツマス条約

日露戦争の意義 †

  1. 日本の国際的地位の向上と日本帝国主義成立の契機
  2. 重化学工業発展の契機
  3. アジア民族運動の活発化

日露戦争

(1)義和団事変

日清戦争後,列強の進出が活発化。
これに対する排外主義運動から起きたのが義和団事変。
義和団は清国政府軍と共に北京の列国公使館区域を包囲。これを救出するために日本・露・英・米・仏・独・伊・墺の連合軍が北京を陥落させ,北京議定書が調印された。

(2)ロシアの極東進出と日英同盟

義和団事変時,ロシアは満州全土を占領。ロシアは義和団事変後も満州から撤兵せず,首相・桂太郎や外相・小村寿太郎らは,山県の支持を得て,日英同盟が結んだ。

(3)開戦外交とポーツマス講和条約
日英同盟成立でロシアは満州からの撤兵協定に調印したが,ロシア宮廷で強硬派の勢力が強まり,逆に満州での勢力拡大に乗り出した。このため日本は1904(明治37)年2月8日,陸軍が仁川上陸を開始,海軍は旅順のロシア艦隊を攻撃した。戦局は日本側の予想より有利に進展したが,1905(明治38)年3月の奉天会戦勝利後,日本陸軍は約3倍のロシア軍と対峙して進撃できず,ロシアでは,相次ぐ敗戦と日本の援助を受けた革命勢力の増大で社会不安が高まった。日本は1905(明治38)年5月に日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を全滅させた直後、アメリカに講和斡旋を申し入れ,ロシアもアメリカの講和勧告を受諾。ポーツマス講和条約が9月5日に調印された。日本国内では講和条件への不満から講和反対運動が展開され,日比谷焼き討ち事件で項点に達した。

(4)日本の大陸進出
日本は満州経営のため,半官半民の南満州鉄道株式会社(満鉄主を設立。朝鮮における優越権を米英露に認めさせた日本は,3次にわたる日韓協約で韓国の外交権,内政権を手中にし,韓国統監府を置いて伊藤が初代統監となった。統監を辞任して枢密院議長に戻った伊藤が韓国青年に暗殺されると,韓国併合川を行って植民地とし,朝鮮総督府を設置。

(5)日露協約

日露戦争で英露対立は英独対立に代わった。英仏は日露を和解させようとし,満州などでの勢力範囲を承認する第1回日露協約が締結された。アメリカが極東で展開したドル外交に,両国は第2回日露協約を結んで提携を緊密化し,辛亥革命による情勢変動のため第3回旧露協約が.第1次世界大戦中には,ドイツを対象とする事実上の軍事同盟である第4回日露協約が結ばれた。

(6)日米関係の悪化

アメリカ西海岸では19世紀末から日本人移民排斥運動が始まっていたが,日露戦争に日本が勝ったことで激化。

ポーツマス講和会議中,アメリカの鉄道王ハリマンは満鉄を日米合弁事業とすることを提案し,日本政府も一度はこれを承諾したが,小村外相が強く反対して挫折した。アメリカは満鉄を国際財団で経営する満鉄中立化案を提示したが,日英仏露4国の同盟協商に阻止された。






2007-03-10 (土) 21:47:19 (3813d)