発展途上国

「発展途上国」についてのメモ。発展途上国とは…
HOME > 発展途上国

developing (underdeveloped) country

発展途上国

  • 経済的先進国に対して、一般に一人当たり実質所得が低く、産業構造が一次産品に大きく依存し、発展の途上にある国々。開発途上国。低開発国。

開発途上国ともいい,人口1人あたりの所得水準が特に低く,第1次産業の比重が高いなど,発展の程度を示すいろいろな指標の水準が低い国をいう。具体的には開発援助委員会DACの援助対象となっているアジア,アフリカ,ラテンアメリカなどの諸国。なお,かつては発展途上国のことを,後進国backward countryと称したが,その呼称は適切でないとして,国連でも使用が停止された。さらに,underdevelopedも好ましくないとして,developingが多用されている。日本語ではこの両者についてそれぞれ違った訳語をつけるのは困難であり,一般には発展(または開発)途上国と称している。最近では,南北問題が先鋭化する過程で自覚し,自立を求めるようになった第三世界の国々がみずからをunderdeveloped countriesと呼ぶことがある。これは被植民地国が先進国によって発展を阻害されたことを明示しようとする意図による






2007-03-10 (土) 21:47:32 (4871d)