汎ヨーロッパ主義

「汎ヨーロッパ主義」についてのメモ。汎ヨーロッパ主義とは…
HOME > 汎ヨーロッパ主義

Pan-Europeanism はんよーろっぱしゅぎ

汎ヨーロッパ主義 / 汎ヨーロッパ思想 †

  • ヨーロッパの平和や統合を主張する思想や運動。
  • 汎ヨーロッパの思想は古く、宗教改革や主権国家の形成による中世キリスト教世界の解体以後、ヨーロッパ統一を回復しようとするさまざまな試みがあった。これは、オスマン帝国のヨーロッパ侵入に対する防衛のためでもあった。近代に入ると、啓蒙主義的思想家によって、ヨーロッパの恒久的平和維持のための統合が提唱される。19世紀末には膨張主義的大国家計画のためのヨーロッパ統合が求められた。
  • 第一次世界大戦後、疲弊したヨーロッパの復興と繁栄の回復、ヨーロッパの平和のために汎ヨーロッパ運動が広く展開された。
  • オーストリアの政治学者クーデンホーフ・カレルギーは雑誌『パン・ヨーロッパ』(1924)を発刊して、汎ヨーロッパを呼びかけたが、これにこたえて、1924年には汎ヨーロッパ連合が結成され、またヨーロッパ各国に汎ヨーロッパ協会も設立された。1926年には汎ヨーロッパ連合の主催によって汎ヨーロッパ会議が開催された。大戦間の汎ヨーロッパ運動はブリアンをはじめ各国の指導的政治家も参加して、大きな盛り上がりをみせた。クーデンホーフ・カレルギーの構想は、汎ヨーロッパ、汎アメリカ、大英帝国などの五大超国家による世界の安定やヨーロッパの統一による平和維持・経済的繁栄の達成を目ざすものであるが、同時にそのなかにある植民地主義、反共・反ソ的傾向も見逃せない。大戦間の汎ヨーロッパ運動はファシズム、ナチズムの台頭によって崩れ去った。
  • 第二次大戦後にも、戦前そのままの運動ではないが、ヨーロッパ統合が提唱された。1946年チャーチルは「欧州合衆国」を呼びかけた。この提唱は実際的成果を生まなかったが、大陸では一連のヨーロッパ統合の動きが具体化される。とくに経済的統合は強められ、1967年ヨーロッパ共同体(EC)が発足し、今日、政治的統合に向けての新しい模索が続けられている。





2008-05-27 (火) 18:40:16 (4074d)