費用便益分析

「費用便益分析」についてのメモ。費用便益分析とは…
HOME > 費用便益分析

cost-benefit analysis

費用便益分析 †

ある案の採否決定にあたり、その実現に要する費用とそれによって得られる便益とを評価し比較することによって採否を決定する方法。

cost*benefit analysis
効率的な公共支出の決定を導くことを目的とする分析手法で,PPBSにおいて用いられる手法の一つ。公共プロジェクトに要する費用およびそのプロジェクトから得られる便益をともに貨幣タームで推計し,その算定結果によりプロジェクト実施の可否,規模,また限られた公共資金のプロジェクト間への配分などを決めようとするもの。費用や便益が異時点間にわたって発生するような投資プロジェクトの場合には,社会的割引率による費用,便益の現在価値計算が行われるが,このような応用は公共投資基準といわれる。ダム,ハイウェー,教育などの公共支出領域で実際に用いられているが,公共財には国防,司法をはじめとして便益を貨幣タームで推計することが困難な場合があり,また消費者余剰概念による便益測定が社会的経済厚生改善の判定基礎になりうるためには,貨幣の限界効用が個人間で等しい一定値を前提とするという理論的制約や部分均衡分析であるという分析枠組みの制約などの限界がある。そのため公共支出全般の効率化に有効とはいえないが,適用可能分野は相当あるので実践的にも重要であり,効率性の指針としても重要な役割をもっている。






2007-03-10 (土) 21:47:45 (4181d)