武帝

「武帝」についてのメモ。武帝とは…
HOME > 武帝

[前156〜前87]中国、前漢第7代の皇帝。在位、前141〜前87。廟号(びょうごう)、世宗。名は劉徹。高祖劉邦の曾孫。儒教を公認し、中央集権体制を強化。外征を行って領域を拡大し、東西交渉を盛んにした。

(前 156-前 87) 中国、前漢の第七代皇帝(在位 (前 141-前 87))。劉徹。中央集権的な郡県制を強化、儒教を公認した。匈奴(きようど)を外モンゴルに追って西域にシルクロードを開き、安南・朝鮮を征服、漢帝国の専制政治を確立した。

武帝の政策

  1. 儒学の官学化(董仲舒の献策)
  2. 匈奴の征討(衛青、霍去病の派遣)
  3. 塩鉄の専売
  4. 均輪・平準法(物価調整策・物価安定策)
  5. 五銖銭鋳造
  6. 張騫の大月氏派遣
  7. 郷挙里選(長官の推薦に基づく官吏登用法)
  8. 楽浪郡など朝鮮4郡の設置

[2] (464-549) 中国、南朝の梁の初代皇帝(在位 502-549)。蕭衍(しようえん)。南斉に代わり自立。学芸を奨励して貴族文化が興隆。仏教を信奉して財政を乱し、侯景の乱中に没した。

[464〜549]中国、南朝の梁(りょう)の初代皇帝。在位502〜49。廟号、高祖。姓名は蕭衍(しょうえん)。南斉を滅ぼし、梁を建国。仏教史上での黄金時代を作ったが、侯景の乱にあい、争乱の中で病没。






2007-03-10 (土) 21:48:04 (5335d)