部分均衡

「部分均衡」についてのメモ。部分均衡とは…
HOME > 部分均衡

部分均衡 †

ある経済の中のすべての市場についてではなく、その一部の市場だけについて均衡が成立すること。

部分均衡理論
(ぶぶんきんこうりろん)
partial equilibrium theory
⇒関連項目
市場において取引量(消費量,生産量)と価格がどのように定まるかについて,またそれに付随する問題について一つの簡潔な解答を与えるものが部分均衡理論である。部分均衡分析はケンブリッジ学派の A. マーシャルによって多く援用されて以来,その簡便さゆえに経済分析の第1次接近として今なおさかんに用いられている。
 いま,縦軸にたとえばある生産物の価格をとり,各価格に対してその下で消費者が購入したいと欲する生産物の数量を対応させると,一つの曲線が描かれる。これをその消費者の需要曲線という。そのような需要曲線を横に加え合わせたもの,すなわち各価格に対して市場全体の需要量を対応させたものが市場需要曲線である。各消費者とも価格が低いほど多くの生産物を需要するのが普通であるから,特殊な場合を除き(市場)需要曲線は右下がりとなる。つぎに各価格に対してその下で生産者が販売したいと欲する財の数量を対応させると,この生産者の供給曲線が導かれる。各生産者とも価格が高いほど多くの財を生産するから,市場全体についての供給曲線も右上がりになる。さて任意に与えられた価格において,その下での市場の需要量と供給量とは一般に一致しない。前者が後者を上まわればより高い価格が,反対の場合はより低い価格が提示され,両者が一致するときのみその価格で取引されるであろう。このように価格および取引量は市場の需要曲線と供給曲線の交点で決定され,両曲線の形状を規定する外的条件に変化がないかぎり,その状態が持続するというのが部分均衡理論の基本的な考えである。この外的条件が変化したときの経済的影響は,たとえば比較静学の方法によって分析され,その内容も部分均衡理論の主要な一部をなすものである。
 部分均衡理論では一つ一つの市場を独立に取り上げそこでの均衡取引量や均衡価格を求めていくが,それぞれの市場が相互に依存していることを考えると,理論的整合性のためにはすべての市場の同時均衡を問題にする必要がある。そのような立場をとる理論が一般均衡理論である






2007-03-10 (土) 21:48:05 (4543d)