部落解放同盟

「部落解放同盟」についてのメモ。部落解放同盟とは…
HOME > 部落解放同盟

部落解放同盟 †

  • 被差別部落の人々が受けている政治的,経済的,社会的,文化的差別を撤廃し,近代的な市民的権利を獲得するとともに,部落を完全解放するための運動。歴史的には,幕藩体制の身分制度のもとで「穢多」「非人」という最下層身分に固定化された人々が,著しい非人間的差別を受けたことに発する。明治以後,形式的な身分制の撤廃はあったものの,現実には,部落民に対する居住,職業,結婚など実生活上の社会的差別が行われていた。
  • こうした差別に対する部落民の自主的な解放へのたたかいは,明治末期から全国的に進められた。
  • 1922年には「全国水平社」が結成された。1933年高松地方裁判所の差別判決(部落民に対する結婚差別)の判決取消闘争では,生活権奪還,身分差別撤廃を掲げ,政府に対する差別糾弾を行い,運動を大きく前進させた。
  • 日中戦争の開始から第2次世界大戦終結までは運動の高揚をみるにいたらなかったが,戦後,水平社運動の成果を継承して1946年に部落解放全国委員会が発足,政治,経済的身分差別の撤廃を目標としてたたかわれるようになった。
  • 1955年部落解放同盟と改称,各種革新団体との共闘を実現し,
  • 1969年には「同和対策事業特別措置法」の制定を実現させた。





2008-03-12 (水) 23:51:53 (5225d)