風説の流布

「風説の流布」についてのメモ。風説の流布とは…
HOME > 風説の流布

風説の流布 †

  • 証券取引法158条に定められた株式など有価証券取引にあたっての禁止行為。
    • 「相場変動を図る目的で風説を流布してはならない」とされている。
      • 風説とは「虚偽の情報や未確認のうわさ」を指す。
  • これによって得た利益は没収される。

「風説の流布」の例 †

  • 1995年6月,証券取引等監視委員会はソフト開発会社テーエスデー(1993年に破産)の元社長を証取法158条違反容疑で告発した。店頭登録企業だった1992年に自社の株価を上げ,転換社債の転換を促進する目的で,「エイズワクチンの臨床試験を始めた」との虚偽の発表を行った疑い。
  • 1996年3月,監視委は月刊のギャンブル雑誌に株式の銘柄紹介記事を書いていた占い師を東京地検に告発した。
  • 1997年末,山一証券の自主廃業決定など大型金融破綻が相次ぎ,市場関係者が企業の信用リスクに敏感になっていたところへ,一部の銀行,証券会社,商社,建設会社などについて根拠のないうわさが流れ,株価が急落。風説の流布に当たるのではないかとして証券取引等監視委員会が調査する事態になった。





2007-03-10 (土) 21:48:07 (3726d)