福田赳夫

「福田赳夫」についてのメモ。福田赳夫とは…
HOME > 福田赳夫

福田赳夫 †

  • 1905年〜1995年
  • 政治家。群馬県生まれ。東大卒。大蔵省主計局長を経て政界入り。
  • 衆議院議員。農相・蔵相・外相を歴任したのち、1976年(昭和51)に首相。
  • 日中友好条約を締結。
  • 「昭和元禄」「狂乱物価」などを造語する。
  • 1978年退陣。

福田内閣(1976年12月〜1978年12月) †

  • 福田内閣発足時の支持率は,ロッキード事件と「三木おろし」のため,史上最低だった。しかし、赤字国債発行による積極財政で先進国中第1位の経済成長を達成。日中平和友好条約調印に漕ぎ着けるなどの実績によって内閣支持率は上昇し、1977年の参議院選挙では改選議席を上回る議席を確保し,長期低落傾向に歯止めをかけた。そして全自民党員による初の総裁予備選挙に臨んだが,田中と組んだ大平幹事長に敗れて退陣した。





2007-03-10 (土) 21:48:13 (3702d)