仏教

「仏教」についてのメモ。仏教とは…
HOME > 仏教

仏教 †

  • 釈迦の説いた仏となるための教え。キリスト教・イスラム教とともに世界三大宗教の一。人生は苦であるということから出発し、八正道(はつしようどう)の実践により解脱(げだつ)して涅槃(ねはん)に至ることを説く。前五世紀、インドのガンジス川中流に起こって広まり、のち、部派仏教(小乗仏教)・大乗仏教として発展、アジアに普及した。日本には六世紀に伝来。多くの学派・宗派がある。

〔仏陀が説いた教えの意〕紀元前五世紀(一説に六世紀)に釈迦が開いた宗教。インドにおこり、ほぼアジア全域に広まった。この世を苦しみ・迷いの世界と見、苦行にも悦楽にも偏らない正しい実践によってそこから脱け出ること、さらには迷いに沈む生きとし生けるものを救うことを目ざす。発展史的に原始仏教・部派仏教(小乗仏教)・大乗仏教、伝来の相違により南伝(南方仏教)・北伝(北方仏教)などの区別が立てられるが、受容された地域の特殊性や社会変動によって多様な信仰に展開した。

大乗仏教と小乗仏教 †

  • 大乗仏教
    • クシャーナ朝の時に、ナーガルジュナ(竜樹)が大乗仏教の教理を確立。菩薩信仰をもとに、利他的大衆救済をめざすので大乗仏教(大きな乗り物)と称した。大乗仏教は、中国、朝鮮、日本に伝播し北伝仏教と呼ばれた。
  • 小乗仏教
    • 個人の解脱をめざして、個人の修行を重視する従来の仏教を大乗側が、蔑称で小乗仏教と呼んだ。小乗仏教は、セイロン、東南アジアに普及したので南伝仏教と呼ばれた。





2007-03-10 (土) 21:48:14 (4635d)