分析哲学

「分析哲学」についてのメモ。分析哲学とは…
HOME > 分析哲学

analytic philosophy

分析哲学 †

20世紀に主として英米を中心に展開された哲学。

哲学的問題はそれを表現する言語形式を分析し、意味を明確化することによって解明または消去されるべきだと主張する。フレーゲ・ラッセルらによって創始された。

「人工言語学派」と「日常言語学派」に大別される。

  • 人工言語学派
    • 人工言語を積極的に案出してそれによる分析を行う
    • 記号論理学を用いた論理分析を重視する
    • 前期ウィトゲンシュタイン、カルナップなど
  • 日常言語学派(オックスフォード学派)
    • 日常言語の実際の使用形態を注意深く記述するという方法によって分析を行う
    • 後期ウィトゲンシュタイン、ライル、オースティンなど
  • アメリカではプラグマティズムと結びついて独自の発展を遂げた(クワイン、デイビッドソン、ローティなど)。





2007-03-10 (土) 21:48:16 (4096d)