文永の役

「文永の役」についてのメモ。文永の役とは…
HOME > 文永の役

文永の役

文永一一年(一二七四)中国元(げん)の大軍が来攻したときの戦い。元軍は対馬(つしま)・壱岐(いき)、次いで博多付近に上陸したが、暴風雨によって引き上げた。元寇(げんこう)。→弘安(こうあん)の役(えき)

文永の役(えき)
鎌倉時代、来攻した蒙古(元)との一度目の戦い。文永一一年一〇月、蒙古・高麗の連合軍は対馬に上陸、さらに二〇日、博多湾に上陸して合戦し、いったん船に引きあげ、翌二一日姿を消した。直接の原因は前夜の大風雨によるといわれる。→元冦

元寇

鎌倉時代のなかば、1274年(文永11)と81年(弘安4)の2回にわたり行われた蒙古{もうこ}(元)の日本侵略。文永{ぶんえい}の役・弘安{こうあん}の役、蒙古襲来ともいい、当時は蒙古合戦、異国合戦と称し、元寇の語は近世以後定着した。

鎌倉(かまくら)中期に元(モンゴル)が2回にわたって日本を襲った事件。最初の攻撃を文永の役(1274),2回めを弘安(こうあん)の役(1281)という。日本は元の新兵器や集団戦法に苦戦したが,西国御家人の奮闘と,たまたま起こった暴風雨の助けで元軍を退けた。この戦いは鎌倉幕府衰亡のきっかけとなった。






2007-03-10 (土) 21:48:17 (5552d)