文化闘争

「文化闘争」についてのメモ。文化闘争とは…
HOME > 文化闘争

(ドイツ)Kulturkampf

普仏戦争後、ドイツ帝国でビスマルクが行ったカトリック教徒抑圧政策。実質的にはカトリック政党である中央党に結集した反プロイセン勢力を弾圧しようとしたもの。

ドイツ帝国成立直後の1870年代に、ビスマルクが統制を強化するため、反プロイセン的なカトリック教徒に対して行なった弾圧。






2007-03-10 (土) 21:48:19 (3812d)